スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

comment | entrylink | - | - |
HANDMADE SOAP



初めてハンドメイド石けんを作ったのは2003年春のこと。
最初はとにかく実験気分で作るのが楽しかったのだけど、
次第に自分用に気持ちのいい石けんをじっくり丁寧に作るようになり、
それからは必要に応じて気ままに作ってます。
画像は石けん作りの遍歴と今までに作ったものの中からいくつか。





SUMMER MARBLE 製作日:2005/05
夏の定番メンソールクリスタル入りのスースーする石けんはやっぱり寒色系で。




JELLY PREMIUM 製作日:2005/04
コンフェと透明石けんの組み合わせが気に入っていた時期。




FAKE PEAR 製作日:2004/09
デザイン石けんはこれを作った時点で満足してしまった感あり。




NUT CAROTEN 製作日:2004/05
最高に贅沢な石けんレシピのオリーブオイルをヘーゼルナッツに変えて作ったという、
とんでもない上質オイルてんこ盛り石けん。自分用洗顔石けんはもうずっとコレ一本。




YOGHURT LAYER 製作日:2003/12
レイヤーにハマってた時期。




MILD STRIPS 製作日:2003/11
はさみ漬けのようにしてストライプに。めずらしくキューブ型。




PREMIUM 製作日:2003/11
泣く子もだまる最高に贅沢な石けん。市販品ではありえない最上質オイルの配合率にクラリ。
すぐさま身内からリピートがかかる。




NUT ALMOND 製作日:2003/07
たっぷりのマカデミアナッツオイルとローズヒップを漬け込んでいた
「ローズヒップインフューズドピュアオリーブオイル」で。
この頃はとにかくインフューズドオイルに凝っていた。




100%OLIVE 製作日:2003/03
記念すべきファーストバッチ。豆腐の空き容器で作ったため、まるで豆腐に。





BATH BOMBS
バスボム、またはバスフィズ。お湯の中に入れると、シュワシュワーとなる、例の入浴剤。市販のモノの方が、シュワシュワ感もニオイもいいけど、自分で作ったものを試すときのあの“一発勝負の打ち上げ花火的”な緊張感と快感とたまに脱力感がこれまたなんとも言えず乙なモノです。



LIP CREAM
スースーのもと「メンソールクリスタル」を使って、花粉症時期にもピッタリのリップクリーム。
みつろう4g、キャスターオイル30ml、シアバター2g、メンソールクリスタル小さじ1/4
全材料を湯煎で溶かして、固まらないうちに容器に入れる。あとは自然に固まるのを待つ。
ちなみに軟膏容器は、オイルをホホバに置き換えメンソール抜きでのハンドクリーム。




GEL SOAP
石けんくずや小さくなった石けんなどはジェルソープに。
わたしは主にキッチンでステンレスシンク洗いに使っています。
つくりかた
・石けん(これはマルセイユ)・熱湯適量
スライサーなどで石けんを細かくして、そこに熱湯を適量そそぐ。
ひと晩置くとジェル状ソープの出来上がり。ジェルの固さはお好みで。




INFUSED OIL
インフューズドオイル(浸出油)ハーブを植物油に漬け込んで有効成分を抽出したもので、抽出できる有効成分は、油に溶ける性質をもつ、精油やビタミンA、Eなど。石けん用オイルやマッサージに使えます。酸化に強いオリーブオイルで作ってます。画像左から「緑茶」「セントジョーンズワート」「ローレル」「カレンデュラ」「ローズヒップ」。「ローズマリー」「ラベンダー」「カモミール」も。




BATH SALT
ラベンダーのバスソルトはさっぱりしてるのに、ゆるゆるまろやかな湯触り。




BATH VINEGAR
ジャスミンのバスビネガーはピリピリもしなくて、湯は、キシュッ!て感じの肌触りに。
つくりかた
・酢・ジャスミンフラワー・ハイビスカス
ドライフラワーを、酢に漬け込むだけ。この画像は、つけ込み直後の状態。ハイビスカスから色が出てキレイ。このあと、どんどん色が濃く出て、数日で赤ワインのように。



参考サイト
Tao's Handmade Soap
お風呂の愉しみネットストア
とりあえずどんなものか作ってみたい−
という人には、上記のサイトを参考にしながらお風呂の愉しみネットストアで購入できるマルセイユ石けんオイルミックスで作ってみることをオススメしていました。必要なオイルがあらかじめ一パックになっているので、あとは自分で精製水と苛性ソーダ(薬局で購入。その際、印鑑が必要になります。)と必要最低限の道具(簡単に100円ショップで揃えても)を用意するだけで作れてしまいます。そこからもっと作ってみたいと思われたら、本や各種オイルなどを買い揃えていく−というのもいいかもしれません。

参考本
オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック
この一冊があれば、初めての石けん作りからオリジナルレシピの石けん作りまで末永く活用できるという石けん作りの基本が詰まったバイブル本。石けん作りが少し面白くなってきた人に一押しでオススメできる本でした。

オリーブ石けん、マルセイユ石けんを作る―「お風呂の愉しみ」 テキストブック マルセイユ石けんオイルミックス TANITA デジタルクッキングスケール ホワイト KD-173-WH



←back
comment | entrylink | one shot | - |
スポンサーサイト
comment | entrylink | - | - |

Advertisement