スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

comment | entrylink | - | - |
吹雪の中山峠越えの旅


父の7回忌からはじまった、母と妹とわたしの3人で親子旅…も3年目。
当日、札幌までのJR運行も危ぶまれる大雪で、送迎バス道中の中山峠は横殴りだったりもしたけど、無事洞爺湖温泉着。ただ、実家を出発してから宿につくまでなんだかんだで6時間。



思いのほか長旅になってしまい、宿についたときはもう真っ暗。
なのでこれは翌朝の様子。雪景色でもテンションあがるレイクビュー。



エントランスもロビーもセンスよく広々開放感。
季節柄か混み合ってないのもよかった。閑散としているわけではなく贅沢な空間。
今秋に新装オープンしたてとあり、部屋も館内どこもきれい。シンプルモダーン。



ロビーにはちろちろした炎やリスニングスペースも。最近こういうの流行りなのかしらね。
ショップには洞爺といえばのgla_glaのガラスがあったり。月浦ワインがあったり。



宿泊フロアのあちらこちらにサトウアサミさんの作品があったり。

ウェルカムドリンクの温かいハスカップジュースから部屋菓子、夕食朝食のビュッフェもおいしく、母も満足のようで何度も「洞爺湖赤毛和牛のステーキ」を取りに行き終いにはわたしに取りに行かせるという恐るべし肉食ぶりを披露したり。
全種類は食べきれるものじゃなかったけど、夜は和牛ステーキと特製スープカレーとホッケのつみれ汁、朝は学生寮のお母さんみたいな人がその場で握ってくれるおにぎりとトマトジュースがお気に入りでした。

露天風呂は雪が頭に乗るくらいが好きだし、しんと閉じた世界みたいな冬景色も好きだけど、花火大会開催中のオンシーズンもぜひ来てみたいところ。
というか、何も父の命日(翌日〜)に合わせなくてもいいんじゃないか?な案が出はじめた。もはや最初の主旨は消えつつある2012年冬。


comment | entrylink | diary | - |
スポンサーサイト
comment | entrylink | - | - |

Advertisement