スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

comment | entrylink | - | - |
季節外れの手編み手袋


「かぎ針で編む五本指手袋、おもしろいよ!あったかいよ!」
と、友人に洗脳触発され、初めての五本指手袋に挑戦。

棒針で指先のないぼっこ手袋(手袋と言わないか)ぐらいしか編んだことがないのに、「編みテンションを上げるにはいい毛糸を使えっていうよね♪」と勝手な自己解釈により、ベビーアルパカの毛糸をチョイス。もったいないから絶対に完成させたいテンションも加わり編みあがりました。

大きな手に合わせて、本来4号針で編むところを思い切って6号にしてみたところ、手がゆるいこともあり、編み目ゆるゆるのぶかぶか手袋になりましたが、ま、大は小を兼ねるということで。
両手履いて手を広げると、もれなくゴールキーパーごっこもできます。ばっちこーい!

とまあ、見てくれはアレだけど、友人らが言ってたとおり編んでいておもしろかった。
手の平と手の甲を各2枚ずつ編み、接ぎ合わせるという方法は、部品を組み立てていくみたいで、飽きっぽいわたしでも最後までぐいぐい編めたし。
毛糸の配色を考えるのも楽しかったし。
冬のヘビロテ巻き物に合うかなと選んだ紫色は、届いてみたら思ったより赤みが強かったけど(モニタマジック)許容範囲。
とにかくふわふわしっとりあたたかいので今年の手袋シーズンが待ち遠しいです。

※おぼえがき
使用毛糸:ベビーアルパカファイン合太 スキー毛糸(40g玉巻)3番と12番
(本来「A色2玉(25g×2=50g)+B色1玉(25g)」のところ、勘違いしてA色3玉購入まるっと1玉余り。B色(グレー)は手首部分を勝手に延長して使いきった。)
使用かぎ針:6/0(私の手には5号針がよいかも)


最初、家にある毛糸で編み始めたのだけど、いくらなんでも毛糸太すぎ。指、長すぎ。
ここまで編むまでに気づけよ!と家の人にも呆れられ。
こんな、「ゲージ」って何?な編み物オンチでもできたということで。


comment | entrylink | diary | - |
スポンサーサイト
comment | entrylink | - | - |

Advertisement